スザン・ヴァーリがおすすめ 2017年度

本はいくらでも買ってあげたいので(財力の範囲で)三冊購入でポイントアップの対策に!いつか買ってあげたかった評判良く!私の好みそうなこの本を購入。大切なものが心の中にあることを教えてくれる本だと思います。小学生くらいの子供さんでも十分考えることができる絵本です。

1月10日 オススメ商品!

2017年01月10日 ランキング上位商品↑

スザン・ヴァーリわすれられないおくりもの [ スザン・ヴァーリ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

自分用に買いました。4歳の息子に読んであげたくて購入しました。内容はまだむずかしいかも知れないですが出来るだけたくさんの本を読み聞かせしたいので…5歳の子へのクリスマスプレゼントに3冊送ります♪サンタsanからとは別に感受性豊かな子になりますように☆彡『わすれられないおくりもの』懐かしいです…(≧д≦)ノシ楽天bookさん 朝6時に発送メールで昼15時くらいに受け取りました…笑。けれどもしも涙なしに思い出せないのなら、いっそ私を忘れてください」アナグマが遺してくれた「わすれられない おくりもの」も笑顔と共に引き継がれていきます。まだ子供にはよく理解できない部分もあるようですが!大切にこの本をとっておき!もう少し大きくなったら今度は自身で読んでもらいたいと思っています。お子様向けには死についての意味をまだ理解するには少し難しいかもしれないけれど、おだやかな暖かさにあふれていておすすめの絵本です。3年生の教科書に出てくるので、教科書として習うよりも前に『絵本』として読み聞かせをしました。購入して良かったです。とても素敵な本ですが!読み聞かせというよりは!個人的に読むほうが向いている本だなと思いました。大人でも十分感動します。もう少し子供が成長し4〜5歳になったらじっくり読み聞かせてあげたい本です。 テーマは重いのですが!しっかり子供が理解をしてくれたら人として大きく成長すると思います。教育出版だったと思いますが、小学校の教科書にも載るくらい。もちろん大人にも。まだ自分でも見てないので&子供にプレゼントしたら(誕生日用にまだとってあります)★4つで。子供のプレゼント用に絵本を探していて読んでみたのですが、読みながら号泣してしまいました。「いのち」や「死」や「いきる」ことについてすごく考えさせられました。自分のために購入しました。ご家庭でもぜひお子さんに読み聞かせをしてあげてください。子どもに買ったのですが!実は親が読みたくて…。とても心温まるお話だと思いますまだ息子には少し難しかったのかもしれませんが何度も読んで聞かせ、もう少しして何か感じとってくれたらいいなぁ〜と思います。子どもにとっても、この絵本が「わすれられない おくりもの」になると思います。何度読んでもいい本はいいです。たいせつな人の死を、どう受け止め、どう乗り越えていけばいいのか..。年を重ねることにその意味も少しずつわかってくれると思います。何度でも繰り返し読みたくなる絵本は手元に置いておきたいですね。15年ぶりに読みましたが変わらず良い作品です。子どもも親も!人間として大切なものを!絵本で共に学べるといいですね。「死にたくない〜。幼い子どもに“死”を理解させることは難しいですが、遺された者がすべきことは何かということを、やさしい言葉で語りかけてくれる作品です。またその後!書き換えに来るかもしれません。感動できる!考えさせられる!そういう絵本に出会いました。教科書に載っていない絵も見せることが出来!よかったと思います。とても奥が深く、大人が読んでも入り込んでしまいます。この本!すごく有名ですよね。ただ5歳の娘にはアナグマが死んでしまうのがいやなようです。息子には内容が難しいようですが!絵も素敵で!大人が楽しめる絵本です。友達がお勧めだったので自分も読んでみたいと思ったからです。この絵本を読むと、昔、子どもの頃に見たドラマの、ある言葉を思い出します。命の贈り物、残しておきたい。小学生の頃図書館でよく好んで読んでいました♪先日市の図書館で発見!!久々に読んだら5歳の子にも読んでもらいたく購入。死ぬのんいやや〜」と言う3歳の娘に読み聞かせようと思いましたが!まだ声を詰まらせずに読むことができないので!読み聞かせはもう少し後になりそうです。表紙なんかは本当に可愛い感じです。知人に薦められ購入したのですが、まだ2歳の息子には早かったです。読んだ後!何かに気づかせてくれる!一冊です。かなり子どもの反応が良かったです。私は今二年生なので、アニマシオンで使いました。子供へのつもりが、私自身もしんみりとしながらこの絵本を読みました。優しい絵や動物たちの気持ち 全てが温かい本です。むしろ大人の人におすすめです。1年生の娘のクリスマスプレゼントに購入。「楽しく笑いながら私を思い出してください。大切な人の死をどう受け入れたらよいのかと言うことを考えさせられました。